トップページ > '88NSR250R(MC18)のカタログ

2013/9/8 2013九州NSRミーティング(概要版) 2013/9/1 94NSR250R SE(MC28)のシートカウルを程度の良い中古純正品に交換 2013/8/14 94NSR250R SE(MC28)用に新品バッテリー(台湾ユアサYTX4L-BS)購入! 2013/8/4 94NSR250R SE(MC28)のフロントブレーキ左キャリパー洗浄と揉み出し 2013/7/28 バッテリー充電後に久しぶりに94NSR250R SE(MC28)始動! 2013/7/14 「NANKAI AUTOPOLIS mini-MAX 4時間耐久ロードレース2013」の観戦と応援してきました! 2013/1/13 牡蠣小屋新年会 2012/5/5 '94NSR250R SEで…4月はバイク通勤を2回も!5月5日は早朝に峠を軽く攻めてみました♪
楽しみながら攻めつづける!
−HONDA '94NSR250R SE(MC28)−

[検索方法]

 


 
'88NSR250R(MC18)のカタログ
 
'88〜89NSR250R MC18
 歴代NSRの中でも最もレーサーに近く・剛性が高いと言われる2代目となる'88NSR250Rのカタログです。
キャスター角は26→24度、トレール量が91mmへとコーナーリング性能を重視した過激なレーシングマシン設定へと変更され、キャスターが立ったことでフロントタイヤとプラグとのクリアランスが少なくなった為に専用のショートプラグが採用されるなどそのこだわりは細部まで行き届いていました。
 
 たったデビューから一年でほとんどのパーツが新設計になり大幅なポテンシャルアップ(PGMキャブレターの採用・32φのビックな口径のキャブ・ピストンのトリプルコーティング・メインチューブには5角形目の字断面アルミ抜き材が採用等)が図られフルモデルチェンジして、当時の峠・サーキットには88NSRが溢れかえっていたようです。また当時、中学生であった自分にとってこのモデルは憧れのマシンでした。
 
 カタログ全般にも、Hondaさんの自信みなぎるコメントが記載され、レーサーレプリカという枠の中に収まりきれないNSR250Rと言う、金字塔を打ち立てました。SPレースへの参加台数も軒並み増え続けた時期と相まって、2stレーサーレプリカの代名詞となっていきました。
カタログ1ページ(左) カタログ1ページ(右)
カタログ2ページ(左) カタログ2ページ(右)
カタログ3ページ(左) カタログ3ページ(右)
カタログ4ページ(左) カタログ4ページ(右)
カタログ5ページ(左) カタログ5ページ(右)
カタログ6ページ(左) カタログ6ページ(右)
カタログ7ページ(左) カタログ7ページ(右)
カタログ8ページ(左) カタログ8ページ(右)
名前:
コメント:
スパムのコメント投稿が多いので、コメント機能しばらく不可にしときます(汗)
 
 
TOP PAGE