楽しみながら攻めつづける!
−HONDA '88NSR250R & '94NSR250R SE−

[検索方法]
 
山下の部屋 プロジェクトY
「構築せよ! 自宅サーバ」 〜ADSL常時接続を使い倒せ? 自宅Webサーバ構築記〜
お薦めコンテンツ 楽しみながら攻めつづける!
第5回 「ダイナミックDNSを利用 情報公開を可能に」
     〜DiCEをインストールしてZiVE.Orgへ自動更新〜

 
 Apacheのインストールも終わり、とりあえずはWebサーバとしての動作は確保できた自宅サーバ。
プロバイダのぷらら経由での公開となると、IPアドレスが固定で無い問題が浮上してきた。(常時接続とは言え、たまに切断・再接続をして、IPアドレスがその度に変更してしまう)
 
 まずはブロードバンドルータ(corega BAR SW-4P Pro)の設定を変更して、バーチャルサーバー設定を試みるも・・・あえなく失敗(汗)。危険性は増してしまうが・・・セキュリティー的な勉強の意味も含めて、DMZ設定にて自宅サーバをインターネット上へ公開する事に成功した。
 
※バーチャルサーバー設定とは、必要なポート(Web:80番、FTP:20,21番など)を指定して、そのポートへのアクセスを指定した自宅サーバへ転送する方法
※DMZ設定とは、インターネット上からのアクセスを全て、指定した自宅サーバへ転送する方法
 
 インターネット上への公開は成功したものの、IPアドレスを直に指定しないと(例.http://220.109.21.***/)自宅サーバへアクセス出来ないので・・・実質的には公開したとは言い難い事実と直面する・・・。
プロジェクトはまた難航への一路を辿る。。。
 
 Webで調査を進めていくと、「ダイナミックDNS」でこの問題を解決できそうな情報を発見!
すぐに、ダイナミックDNSを調べてみると、英語でのサービスが多い事が判明(涙)。更に日本語でのサービスを検索して、Zive.Orgへと導かれるようにたどり着いた。
 
 Zive.Orgへ、yamasita.zive.netの登録を済ませてはみたものの・・・不定期に自動的に変わる自宅サーバのIPアドレスを今後はどうやって登録情報を更新するかが、最大の問題となった。
定期的に人の手作業で、IPアドレスを確認して変更があれば、Web経由で登録情報を更新するのはあまりにも効率が悪すぎる・・・。しかし、自宅サーバでブロードバンドルータのIPアドレスを監視し変更があれば、登録情報を更新するような、ソフトが無いか?と思いついた。
 
 更にWebで調査・・・あった!Linux上でも動作し、尚且つZive.Orgへも対応している「DiCE」が。
DiCE for Linux Beta Versionをダウンロードして、自宅サーバへインストール後に、何とか設定を済ませて、無事に/のURLにて、自宅サーバをインターネット上への公開する事を実現できた。
  

参考 DiCE 0.19Bata インストール・設定メモ
 
 ■DiCE 0.19Bata  インストール・設定
  DiCEのホームページよりDiCE 0.19Bataのソースをダウンロードする。
  http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/linux.html ←DiCE for Linuxのページ

  FTPで、適当な自宅サーバ内のディレクトリ(例./home/webmaster/src/とか)に転送する。

  1.rootでログインし、/usr/local/bin にアーカイブを展開
   # cd /usr/local/bin
   # tar xzvf /home/webmaster/src/diced0192.tar.gz

  2.展開されたディレクトリの場所に移動
   # cd DiCE/

  3.日本語が表示されるようなので、あらかじめ漢字エミュレータを起動
   # kon

  4.dicedを起動
   # ./diced

  5.会話形式でDiCEの設定を行う
   =-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
   Version 0.19 for Japanese
   Copyright(c) 2001 sarad
   
   :? ←ヘルプの表示
   *** 起動オプション ***
   
   diced [-s|-d|-h|-e] [-b] [-l]
   
    -s 起動と同時に開始します
    -d 起動と同時にバックグラウンドで開始します
    -h コマンドオプションを表示します
    -b イベント実行時にビープ音を鳴らします
    -l ログを作成します
    -e<EventNo> 指定のイベントを実行して終了します
   
   
   *** コマンド一覧 ***
   
   exit DiCEを終了します
   start DiCEを開始します
   startd DiCEをバックグラウンドで開始します
   setup DiCEの環境設定を行います
   list 登録済のイベント一覧を表示します
   add イベントを追加します
   ed[it] <番号> イベントを編集します
   del <番号> イベントを削除します
   en[able] <番号> イベントを有効にします
   dis[able] <番号> イベントを無効にします
   ev[ent] <番号> イベントの情報を表示します
   ex[ec] <番号> イベントを今すぐ実行します
   logcr ログをクリアします
   :setup ←まずは環境設定
   IPアドレスの検出方法を指定してください
   (0) 自動検出
   (1) ローカルのネットワークアダプタから検出
   (2) 外部のスクリプトから検出
   <現在:0>
   (N)変更しない (P)戻る
   >2 ←ブロードバンドルータのIPアドレスを取得しなければならない
   -------------------------------------------------
   スクリプトのURLを入力してください
   <現在:>
   (N)変更しない (P)戻る
   >http://root:********@192.168.1.1/_SystemInfo.htm@@WAN
    ↑ルーターの設定画面(_SystemInfo.htm)の"WAN"文字以降に表示されるIPアドレスを取得するスクリプト
   -------------------------------------------------
   プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)
   <現在:いいえ>
   (P)戻る
   >n
   -------------------------------------------------
   IPアドレスを検出をテストしますか? (Y/N)
   (P)戻る
   >y
   検出IPアドレス>220.109.21.119 ←ちゃんと検出できればOK
   -------------------------------------------------
   IPアドレスを検出をテストしますか? (Y/N)
   (P)戻る
   >n
   -------------------------------------------------
   IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
   設定可能範囲は5分以上です
   <現在:>
   (N)変更しない (P)戻る
   >5
   =================================================
   DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ必要があります
   前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護時間を設定して
   ください(分) 設定可能範囲は10分から1440分です
   <現在:30>
   (N)変更しない (P)戻る
   >10
   =================================================
   設定を保存しますか? (Y/N)
   (P)戻る
   >y ←yと入力して設定内容を保存する
   設定を保存しました
   :add ←次に新しくイベントを追加
   新しくイベントを追加します
   
   DynamicDNSサービス名を入力してください
   "?"で対応しているサービスを一覧表示します
   (P)戻る
   >>ZiVE
   -------------------------------------------------
   << ZiVE DNS Service >>
   URL: http://www.zive.org/
   *** 情報 ***
   ZiVEのオプションについて
   【ホストタイプについて】
    〔ダイヤルアップ〕
     「有効期間」「オフライン」「オフラインメッセージ」の設定が有効です。
     その他のオプションは無効です。
     ※ DiCEでは入力文字数に制限がありますのでご了承ください。
    〔常時接続〕
     「更新モード」「MXホスト名」の設定が有効です。
     その他のオプションは無効です。
     ※ MXレコードを定義する場合の注意
       IPアドレス更新後は、MXレコードを再登録する必要があります。
   =================================================
   ドメイン名を入力してください
   "?"でドメイン一覧を表示します
   (P)戻る
   >zive.net
   =================================================
   ホスト名を入力してください
   (P)戻る
   >yamasita ←ZiVEに登録したホスト名を
   =================================================
   ログインユーザ名を入力してください
   (P)戻る
   >userid ←ZiVEに登録したユーザ名を
   =================================================
   ログインパスワードを入力してください
   (P)戻る
   >******** ←ZiVEに登録したパスワードを
   =================================================
   登録するIPアドレスを入力してください
   空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
   (P)戻る
   >
   =================================================
   このイベントに題名を付けてください
   (P)戻る
   >UpdateZiveNet
   =================================================
   このイベントを実行するスケジュールを設定します
   -------------------------------------------------
   実行する頻度を指定してください (番号入力)
   (0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
   (4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
   (P)戻る
   >5
   -------------------------------------------------
   IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
   アカウントを削除されてしまうことがあります
   IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
   (0)7日毎 (1)14日毎 (2)21日毎 (3)28日毎
   (4)35日毎 (5)56日毎 (6)84日毎
   (P)戻る
   >1
   =================================================
   詳細オプションを設定します
   -------------------------------------------------
   [ ホストタイプ ]
   (0)ダイヤルアップ (1)常時接続
   番号>1
   -------------------------------------------------
   [ オフライン ]
   (0)No (1)Yes
   番号>0
   -------------------------------------------------
   [ 有効期間(日) ]
   (0)1 (1)0 (2)2 (3)3 (4)4 (5)5 (6)6 (7)7 (8)8 (9)9 (10)10 (11)11 (12)12 (13)13
   番号>0
   -------------------------------------------------
   [ 有効期間(時間) ]
   (0)0 (1)1 (2)2 (3)3 (4)4 (5)5 (6)6 (7)7 (8)8 (9)9 (10)10 (11)11 (12)12 (13)13 (1
   4)14 (15)15 (16)16 (17)17 (18)18 (19)19 (20)20 (21)21 (22)22 (23)23
   番号>0
   -------------------------------------------------
   [ 有効期間(分) ]
   (0)0 (1)10 (2)20 (3)30 (4)40 (5)50
   番号>0
   -------------------------------------------------
   [ オフラインメッセージ ]
   入力>
   -------------------------------------------------
   [ 更新モード ]
   (0)IPアドレス更新 (1)MXレコード設定
   番号>0
   -------------------------------------------------
   [ MXホスト名 ]
   入力>
   =================================================
   このイベントを有効にしますか? (Y/N)
   (イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
   >y
   =================================================
   イベントを保存しますか? (Y/N)
   >y ←yと入力してIPアドレス変更時に自動登録するイベントを保存
   イベント"UpdateZiveNet"を保存しました
   =================================================
   :exit ←dicedを終了

  6.DiCEの起動
   # ./diced -d -l ←"-d"でバックグラウンドで開始、"-l"はログを作成

  7.DiCEの自動起動設定
   /etc/rc.d/rc.local に以下を追加
   /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l
※プロジェクトX風にする為に、オーバーな表現が記載されてますが気にしないで下さい(汗)
 
 
BACK TOP PAGE