楽しみながら攻めつづける!
−HONDA '88NSR250R & '94NSR250R SE−

[検索方法]

ぐったり?レース参戦記
お薦めコンテンツ 楽しみながら攻めつづける!
第18回国際青島太平洋マラソン  2004年12月12日
 
第18回国際青島太平洋マラソン とうとう、12月で2004年も最期の月に・・・。
 
 例年12月は仕事に追われるので、今まで2年連続で参戦していたライスポふゆ大会はあき大会にエントリーしたのでスルー(涙)。

 マラソンも、スルーして仕事に専念?しようかと思ってたけど、トライアスロンをしている友人よりお誘いを受けて、結局エントリーする事に。
 
 去年に引き続いて、42.195kmのフルマラソンで2004年シーズンをしめくくる事に!
初めてのフルマラソンは何とか完走できて、3時間59分台のギリギリでサブ4達成できたので、今年もサブ4狙いでもっとタイムを削りたい。
 
 10キロ・ハーフマラソンと、順調にタイムを上げてきているので、フルマラソンでもタイムアップして、気持ち良く2004年を終えたいしね!
 

レース1週間前・・・
 特にジョギング練習もせずに・・・普通に?お仕事をこつこつと。
今年は、夏以降のジョギング練習の時間(=距離)が少ないので、10キロマラソンでもタイムが落ちてるので・・・準備不足な感あり(汗)
 
 ただ、フルマラソンの場合は距離が長いので疲労を残さないように練習しないのも手かも?(←言い訳)
 

レース前日・・・
 宮崎でフルマラソン参加と言う事で、無理やりちゃんと土日練習を取る。
一緒に参加する友人に車で迎えに来て貰い、まずは多良見まで移動。多良見からはトライアスロン組の貸切バスに便乗して高速道路で長崎〜宮崎間を移動する。
 
 数回パーキングで休憩しつつ・・・15時頃に宮崎に到着して会場へ、前日申込みを済ませてゼッケンなどをもらう。
そして、宿泊する青島周辺の宿へ移動。夕食まで時間があるので、1時間ほど散歩してみることに。。。海沿いを歩くと、サーファーが一杯!!「真冬に海に入って寒くないんだろうか?」
真冬のサーファー達 青島
 そのまま海沿いを散歩すると、青島に到着。
途中の神社でお賽銭を入れて、明日のマラソン完走を願う。
入り口 神社
 その後は島を一周ぐるりと散歩してみると、なかなかの距離でした。
夕日
 
宿に戻って、夕食タイム!なかなか豪華な夕食でビールを飲みつつ、自己紹介や明日マラソン目標などを言ったりしてトライアスロン組の人たちと親睦を深める。
 
 夕食後は、近くの温泉施設の「あおしま太陽閣」でゆったりと温泉を満喫〜♪
やっぱり冬場は温泉が気持ち良かば〜い!! 湯冷めしないようにしっかりと温まって、宿に徒歩で戻る。
青島辺りは周りが暗いので、空を見上げると星がかなり多く見えました。「明日はこのまま天気良いかな?」なんて思いながら宿に戻り、軽くストレッチをしてオヤスミ。。。
  

レース当日・・・
 朝6時に起床!外を見ると・・・どんより曇ってるぞ(汗)
朝食をしっかりと食べて、宿を後にしてバスで会場へ移動する。
 
会場へ到着してからは、トイレを済まして、軽くジョギングしてアップ開始!宮崎とは言え、12月なので肌寒い・・・。体が温まってからは準備運動やストレッチをしているとスタートの時間が近づいて来ました。
今年は、「3時間40分」の札辺りに横から割り込んでスタートを待つ。そして、スタート!
 
 4000人ほどフルマラソンに参加しているので・・・人が多くてスタートしても徒歩でしか進めなくて、2分くらいかかってやっとスタート位置を通過する。
「さ〜て、序盤でスタートの2分を取り返すかな?」っと思い、人がバラけだした所でペースアップ!
 
 1キロ・2キロっとそれぞれのキロ表示地点を5分/1キロペースで通過していく。なかなか順調なペースかも?
その後もペースを保って、10キロ地点を51分くらいで通過する。「ちょっと早すぎるかも?だけど、いける所まではペース維持してみるか??」
 
 給水所ではしっかりと水分補給しつつ、13キロ地点を過ぎたあたりから、海沿いの緩やかな上り坂もペースを守って走行を続ける。
「去年よりもペース速くて、順調かも?」15キロを超えた地点でトイレ(小)がしたくなってきた(汗)「去年も給水し過ぎ?で2回もトイレしたんだったな」まだ我慢できそうなので走行を続ける。
 
 折り返し地点を、1時間45分で通過「去年よりも前半で5分も早いので、今年もサブ4は大丈夫かも?」っと気持ちが少し緩む(←後になって思うと反省材料)
緩やかな下り坂で、トイレ(小)を段々我慢出来なくなり・・・歩道から太平洋を眺めながら、立ちション(汗)。ふぅ〜すっきりした。
一度足を止めたからか、走りだすとペースを上げきれなくなり、6分/1キロペースで走行を続ける。「まぁ前半タイムを縮めてるから大丈夫だろう」
 
 25キロを超えた辺りからは、だんだん足が動かなくなってくる。腰・太もも・膝・ふくろはぎ・足首っと足全体が重くなってくる。。。
「あれ?去年は30キロ地点まではもったのに・・・?」っと思ったが、徐々に走るペースが遅くなっていく。
 
 30キロを超えると、何とか走る形で動くのが精一杯になってきた。
右足は、親指の爪・・・左足は、足首〜足の甲・・・に走るたびに激痛が走る(涙)
去年は徒歩だけは拒否したんだけど、左足の甲は接地する度に痛みが響いてきて、走行が辛くなり、仕方なく徒歩へ。
 
 それからは、徒歩とジョギングみたいなゆっくりペースの走行を繰り返しながら、何とか距離を消化して行く。
37キロ地点を通過した辺りからは、気合を入れなおして、ゆっくりでも良いので走行を主にして進める。
 
 「ダメだ〜、去年よりも、もっとしんどい・・・」動かない足に四苦八苦しながらも、歩を進めて、40キロ地点を通過する。
残りはあと2キロだ! がっ、、、この時点でスタートから4時間が過ぎてしまい、サブ4は達成できず(悔しい)。
 
 残りの2キロは、意地で何とかペースを上げて、5分/1キロペースで進み、競技場に戻ってきてトラック内ではラストスパート!!
ゴールまで走る抜ける。
  
レース終了後・・・
 ゴール後には、足が痛くてすぐにしゃがみ込む・・・キツいよ。。。マジで。。。
しばらくストレッチしてから、完走書を印刷してもらい受け取ると、4時間10分・・・去年よりも10分くらい遅い結果にガッカリ(涙)
完走証
足の甲が痛かったとは言え、やっぱり徒歩した事がタイムに響いたようだ。悔しい・悔しい・悔しい
 
 弁当を缶ビールを飲みながら、やけ食い?していると、ポツポツと雨が降ってきました。
それからシャワーを浴びに行き、10分くらい並んでやっとシャワーを浴びてゴール地点に行くと、もう雨が本格的に降ってきてびしょ濡れに・・・最悪だな。
 
 駐車場のバスに戻って、完走後にシャワーを浴びている人を待ちながら・・・バスの中で缶ビールをグビグビ。
う〜ん、喉は渇いてるから美味しいけど・・・去年同様にサブ4を達成でなかったので、その分不味く感じてしまうな。。。とほほ

 
区間 区間タイム (距離:ペース)
スタート〜21キロ 1時間45分15秒 (21キロ:約5分/1km)
21キロ〜ゴール 2時間24分49秒 (21キロ:約6分53秒/1km)
 
第18回国際青島太平洋マラソンを終えて・・・
 その後は、高速道路で宮崎〜長崎移動中に、反省?しつつ、缶ビールをグビグビを飲みまくって、やけ飲み(涙)
去年完走時に、もっとタイムを削れるような手応えだっただけに残念な結果だったな〜。
 
 10キロやハーフマラソンまでなら、それほど長い距離の練習をしなくても何とかなるけど・・・
やっぱり、フルマラソンになると、練習の時点で30〜40キロの長距離をジョギングしてないと、辛いんだっと再認識しました。
去年は、野母崎1周ジョギングとかで、30キロのアップダウンコースをジョギングしたりしてたしな〜。
 
 2004年シーズンは、10キロ(43分30秒→40分38秒に短縮)・ハーフマラソン(1時間49分25秒→1時間35分37秒に短縮)は4月くらいまではグングンタイムが上がって行ったが・・・
その後は、だらだらと練習不足でタイムが落ちて、結局フルマラソンでも不甲斐無い結果となった。
 
 夏場に58kgまでダイエットできて、ちょっと気が緩んだのもあるかも?
2005年シーズンは、ダイエットした体重維持はもちろん! たまにはジョギング練習で30キロくらいの走り込みをするようにしたいと思う。
フルマラソンをペースを保って走り抜いて完走できる体にしたい! 来年はフルマラソンへリベンジだっ!!
 
 
BACK TOP PAGE